フロントガラスを交換する際には


今では安全性の高い車が続々と販売されていて、車のボディーはもちろん、フロントガラスも昔よりも性能が良くなっています。

昔のフロントガラスは事故などで衝撃が加われば、目の前が真っ白になって、視界を確保することができなくなり、さらなる大惨事につながることもありましたが、最近の車のフロントガラスは急に目の前が真っ白になることはなく、ガラスが崩れ落ちてしまうこともないつくりとなっています。


走行中の小石や飛来物


しかしそんな丈夫なフロントガラスでも、走行中に小石や飛来物がぶつかると、意外に簡単に傷がつき、小さい傷でもそのまま放置していくと、ひび割れなどを起こすこともあります。

フロントガラスはドライバーや同乗者の命を守ってくれるものなので、小さい傷でもすぐに補修や修理を行うようにしましょう。


安全性を第一に考えるのであれば純正品


フロントガラスについた傷は、一般的には500円玉以下の大きさの場合は修理や補修で済むと言われています。

しかしそれ以上の傷の場合は、フロントガラスの交換が必要になります。

補修で済む場合は、ホームセンターやカー用品店などでそれ専用のリペアキッドを購入して自分で補修することもできますが、さすがにフロントガラスの交換となると、素人はプロに任せた方がいいでしょう。

フロントガラスの交換となると、安い車でもそれなりのお金がかかるため、保険で交換できる以外は、できるだけ安く修理してくれる業者を探した方がいいいでしょう。

しかしフロントガラスには純正品と粗悪な輸入品などがあり、格安を謳っているような業者はそのようなものを使用している場合があるので、安全性を第一に考えるのであれば、純正品を取り付けてくれて、修理代が安い業者を選ぶようにしましょう。


INFORMATION

2015-10-25
フロントガラスを交換する際には
2015-10-22
カラード・フロントガラスについて
2015-10-18
自動車の安全基準について
2015-10-13
車のドレスアップをはじめよう
2015-10-10
ルノー アルピーヌとは
2015-10-01
キャンピングカーの魅力
2015-09-29
カスタムカーの魅力
ページのトップへ戻る